正しい接し方|理解が大事|家族がうつ病になった時の接し方が大事です
婦人

理解が大事|家族がうつ病になった時の接し方が大事です

正しい接し方

医者

話を聞くのが重要

うつ病患者との接し方の中には、やってはいけないこともあるけど、やっておいたほうが良いものも存在します。うつ病患者との接し方ではやってはいけないものが非常に多いため、腫れ物に触るように接してしまう人もいますが、それはあまり良いやり方ではありません。そのような接し方を行った場合、かえって相手を傷つけてしまうことになってしまいます。また、逆に全く接さないというのもあまり良い傾向ではないため、出来る限り接することを意識しましょう。たしかに、心療内科での投薬やカウンセリングでも十分な効果はありますが、親しい人と接し、何気ない会話をするだけでも十分な治療効果が望めるのです。
正しい接し方において重要なのは「一日でも早く治せるように協力しよう」と思わないことです。たしかに相手の完治を願い、何らかの助けになるということは非常に良い心がけなのですが、それを意識するあまりアドバイスや否定をしてしまうことがあります。うつ病患者にとってそういった助言はマイナス要素にしかなりません。重要なのは、普段通り接することであり、相手の話を聞くことなのです。

うつ病患者との接し方でもっとも重要なのは、「相手の話を聞く」ことと「一緒に考える」ことです。人は、相手の心を読むことができません。それがうつ病患者であり、自分がうつになったことがないならなおさらです。人の気持ちを理解するというのは非常に難しく、自分も全く同じ境遇を味わわなければ真に理解することはできないのです。そのため、一緒に考えることに徹しましょう。なんでこうなるんだということを一緒に考え、共有し合うのです。この共有が、実はうつ病治療に効果をもたらすのです。会話をし、一緒に考えることで患者本人が今まで気づかなかったことに気づくことは多いです。その気付きが、うつ病で堂々巡りになっているネガティブ思考に何らかのプラス効果をもたらし、症状改善に役立つのです。
接する上での注意事項として、自分もうつ病にならないように気をつけましょう。実はうつは伝染する可能性もあるのです。長いあいだ接することで自分も相手のネガティブ思考にとらわれてしまい、そこから発症してしまうこともあるのです。予防策としては、自分だけではなく、心療内科の先生や友人知人と相談し、自分もサポートを受けつつ会話をするということが予防につながるのです。