うつになりやすい人|理解が大事|家族がうつ病になった時の接し方が大事です
婦人

理解が大事|家族がうつ病になった時の接し方が大事です

うつになりやすい人

女の人

鬱になりやすい人

うつ病はすべての人に等しく発症する可能性のある病気ですが、そんな中でもうつ病になりやすい性格の人というのは存在します。そういった性格の人に共通していることは普段、心が強い人や責任感の強い人、そして意識が高い人に多いです。そういった人は弱音を吐くこともなく、常に自信満々で物事に取り組むためうつ病とは無縁に感じる人が多いかもしれません。しかし、どんな人でも感情がある限り落ち込むことはありますし、辛い時だってあります。そして、前述した人たちはそれでも弱音をあまり吐かずに、物事に取り組みます。その結果、心の負担というのは蓄積していきます。そして、負担がどんどんと溜まっていき、臨界点を迎えた時、症状は一気に吹き出します。実際に、今まで精力的に物事に取り組んでいた人が急にうつ病を発症するという例は存在します。逆に、うつ病になりにくい人とは、常に感情を吐き出しているような人です。前述した人たちは、基本的に感情を押し込めるタイプの人が多いです。そのため、心は頑丈ですが、負担が溜まりやすいです。一方で、感情を素直に出す人は、その分弱音を吐くこともありますし、そこまで我慢をするというわけではありません。また、我慢していたとしてもどこかで適度にリラックスする術を知っているものです。そういった人は、ストレスを溜め込みにくい傾向にあるので負担もどんどんと吐き出しているのです。こういった人はうつ病になりにくいのです。

まじめな人ほどなりやすい

他にも、うつ病になりやすいタイプは存在します。中でも循環型という陽気なときと陰気なときが循環しているタイプの人は鬱になりやすいとされています。また、一つの物事に執着している人も、同様に発症しやすいです。そういった人は完璧主義であることが多く、うまくいかないとストレスが溜まりやすくなっているからです。これを執着型といいます。
このことから、真面目過ぎたり、なんでも完璧にしようとする人ほどうつ病になりやすい傾向にあるということがわかります。もちろん、真面目であれば必ず発症するというわけではありません。真面目でも、たまに羽目をはずしたり、適度にリラックスする習慣を身に付けておけば心の負担を溜め込まずに吐き出すことはできます。心の負担はなるべく吐き出し、爽やかな気分で日々を過ごしましょう。

接し方を知る

身近にうつ病を発症している人がいる場合、接し方には十分に注意しなければなりません。何気なく言った言葉に傷つき、自分を責めて最悪の場合は命を絶ってしまうことがあるからです。そのため、言葉を選んで接するように気を付けましょう。また、反対に気遣いすぎるのもうつ病患者の負担になってしまうことがあるので、接する際は普段通りに接して悟られないように注意すると良いです。接し方がわからない場合、心療内科の医師にアドバイスを求めましょう。心療内科の医師は接し方を丁寧に教えてくれる他、言ってはいけない言葉、やってはいけない行動なども教えてもらうことが可能です。