やってはいけないこと|理解が大事|家族がうつ病になった時の接し方が大事です
婦人

理解が大事|家族がうつ病になった時の接し方が大事です

やってはいけないこと

女性

注意事項

うつ病になった人との接し方で、特に注意しなくてはいけないのが「やってはいけないことをやってしまう」ということです。うつ病の状態というのは、普通の人の精神状態とは少々異なっています。それに気づかずにいつもどおりに接してしまうと、症状が悪化してしまう可能性があります。うつ病というのは、なんでもマイナスに捉えてしまう傾向があり、普段通りなら他愛もない一言で済ますものが、非常に心に重くのしかかるということも十分に考えられるのです。そのため、接する時はやってはいけないことをきちんと理解しておき、うっかり禁句を言ってしまわないように注意しなければなりません。一見大変そうに見えますが、禁句を理解して接することで得られるメリットは非常に大きいです。禁句を言わず、正しい接し方で接することで、症状緩和の効果があるのをご存知でしょうか。うつ病というのは、一人でふさぎ込んでしまう病気のため、ふさぎ込んでしまうことでより自分に対する無力感や絶望感に包まれます。しかし、会話をすることでその気分も晴れ、心を少しだけ軽くすることができます。そして、それを何日も何回も行うことで、うつ病の症状は緩和されやすくなり、完治の速度が早くなるのです。そのため、心療内科での治療に加え会話も行えば、より高い効果を得ることができます。

禁句を学ぶ

うつ病患者との接し方において、禁句になる言葉は主に4つに分類されます。「頑張ってね」などの応援、「それは違うんじゃないかな」などの否定、「こうすれば良いんじゃないかな」という助言、そして「その気持はわかるよ」などの理解です。これらの応援は、落ち込んでいる人にとっては聞くこともありますが、うつ病は落ち込んでいるのとはわけが違い、すべての言葉をネガティブに捉えてしまうのです。
まず、頑張ってなどの応援ですが、これは患者からしたら「自分は必死にやってるけど頑張っているように見えないのだ」と思ってしまい、余計に落ち込んでしまいます。否定に関しては、「自分のやっていることすべてが無駄なんだ」と捉えてしまい、これも同じくマイナスになってしまいます。助言ですが、これは非常に危険です。うつ病というのは、無気力になってしまい、激しい倦怠感と無力感に襲われ、何もできなくなっている状態です。そのため、普通の人なら簡単にできることもできなくなっている状態なのです。その他、したくてもできない状態になっていることがほとんどであり、余計に悪化させてしまうのです。最後に理解ですが、これはうつ病にならないと本当の意味で理解することは不可能です。そのため、上っ面にしかならないため、出来る限りやめておいたほうが良いです。接し方に注意し、サポートしてあげると良いでしょう。