理解が大事|家族がうつ病になった時の接し方が大事です
皆で改善していく鬱病

理解が大事|家族がうつ病になった時の接し方が大事です

やってはいけないこと

女性

うつ病患者の接し方において、やってはいけないことというのは多いです。特に有名なのは「頑張れ」と励ますことですが、それ以外にも禁句は多いのでついうっかり言ってしまわないように気をつけましょう。

もっと詳しく

正しい接し方

医者

うつ病患者の正しい接し方において重要なのは「話を聞いてあげること」です。話を聞き、現状を理解することで辛さを知りましょう。この時アドバイスをするのではなく、一緒に考えるのが大事です。

もっと詳しく

うつの症状と治療

女性

うつ病についてどのような症状があるか理解しておきましょう。気分が落ち込む以外にも様々な症状があり、どのような状態になっているのかというのを理解しておく他、接し方にも注意する必要があります。

もっと詳しく

うつになりやすい人

女の人

うつ病になりやすい人というのは存在します。主に真面目で完璧主義な人ほどなりやすい傾向があり、心が強ければ強いほど反動は大きくなります。そんな場合は正しい接し方で接してケアをしてあげましょう。

もっと詳しく

うつ病への理解を

カウンセリング

うつ病の恐ろしさ

うつ病というのは、非常に恐ろしい病気です。症状が深ければ深いほど完治に時間がかかり、最悪の場合患者が自ら命をたってしまうほど苦しく、辛いものです。うつ病と聞くと、ただ気分が落ち込むだけだと思っている人も多いですが、それはうつ病のほんの一部の症状です。その気分の落ち込んだ状態が一日どころか数ヶ月も続き、その影響で睡眠障害や食欲不振、そして筋肉痛など様々な症状を引き起こしてしまうのです。うつ病は、立派な病気であり、非常に恐ろしい病気なのです。
うつ病は、自分がかかるのも恐ろしいですが、家族や友人、恋人など自分に親しい人がうつ病になったときもまた恐ろしいものです。うつ病になると、どんな明るい人でも自暴自棄になり、ネガティブになり、普段とは全く違う状態になります。そして、攻撃的な性格になったり、激しく落ち込んだりと波があり、接する側も多くの苦労が生じます。その結果、不仲になってしまい、疎遠になってしまうというのは最悪な結果の一つです。そのため、うつになった人と接するときは普段通りの接し方ではだめな場合もあるのです。

接し方が大事

もし、自分に近しい人がうつ病になった場合、接し方が大事です。接し方を誤ってしまうと不仲になってしまう可能性があるばかりか、うつ病が悪化してしまう可能性があります。また、うつ病が治ったとしてもその時の事がしこりとなってしまうこともあり、誰も幸せになることはありません。そのため、接し方については十分に注意しなければなりません。うつ病患者に対しての接し方は、インターネットで調べれば詳しく書かれており、少しのことに気をつければ十分対応可能ですが、その根本にあるものは「理解」です。うつ病に対してきちんと理解し、いま病気で苦しんでいる人がどんな精神状態なのかを理解するのが接し方において非常に重要なのです。また、理解をすることによって相手の発言に対しても寛容になり、落ち着いて接することができます。また、心療内科の先生に話を聞き、接し方についてアドバイスを受けるというのも大事です。プロの精神科医のアドバイスは的確であり、どうすればわからない時に大きな助けになってくれます。しかし、まずは本人を診察してもらうのが最優先事項であり、症状が悪化する前に評判の良い心療内科での診察を勧めましょう。症状が悪化して意固地になると、診察すら拒んでしまう可能性があるからです。